プレママーレ 妊娠

妊娠中の服用は危険?

プレママーレ 妊娠

 

プレママーレを服用して妊活をしていた方なら、妊娠中や授乳中にもプレママーレをそのまま継続して服用しても良いのかどうかはすごく気になる所ですよね。だって、もしも妊娠中や授乳中にプレママーレを服用することがNGだった場合には、自分だけではなく胎児にも影響を与えてしまいかねませんのでとても辛い思いをすることになります。

 

そんなことにならないためにも、プレママーレは妊娠中や授乳中にも服用出来るのかはちゃんと確認する必要がありますね。ここでは、プレママーレが妊娠中や授乳中などの敏感な時に服用出来るのか確認してみました。

 

プレママーレは妊娠中に服用することが出来る?

 

まずは、妊娠中にプレママーレを服用することが出来るのか確認してみました。すると、プレママーレについては妊娠中でも問題なく服用することが出来ることが分かりました。

 

実際にプレママーレの中に入っている当帰芍薬散は妊娠中でも服用しても問題ないと産婦人科の医師から言われる漢方です。むしろ、当帰芍薬散を服用していることで体温の上昇がキープされて妊娠継続しやすい状況を作ることが出来るなら、妊娠中に飲んだ方が良いですね。

 

プレママーレは授乳中に服用することが出来る?

 

次は、授乳中でも服用出来るのか確認してみました。授乳中は、もう胎児がこの世に誕生しているので母胎を通してプレママーレの成分が24時間胎児に移行することは少ないものの、授乳は血液なので3時間おきの授乳をしている方ならとても心配ですよね。

 

しかし、プレママーレについては授乳中でも安心して服用することが出来ます。プレママーレを服用することで、疲れやめまいが改善されるので、授乳疲れも解消出来るはずですよ!

 

不安な時には医師に確認!

 

とは言っても、妊娠中や授乳中というものは急に体質が変わったりして結構漢方でも合わなくなってしまうこともあります。

 

もしもプレママーレの服用が心配だという時には、かかりつけの産婦人科に服用しても問題ないのかを確認してから飲むようにしましょう。また、副作用が出た場合にはすぐに服用は止めることをおすすめします。母親が調子悪くなると赤ちゃんも可哀相ですからね。

 

プレママーレは妊娠中や授乳中でもOK!

 

ここでは、プレママーレが妊娠中や授乳中でも服用出来るのかを確認してみました。すると、プレママーレについては、妊娠中や授乳中でも問題なく服用することが出来ました。むしろ、妊娠中や授乳中に服用することで疲れや貧血などといったによく起こるトラブルを改善出来る可能性もありますのでおすすめします。

 

しかし、妊娠中や授乳中というのは体質がいきなり変わるものです。そのため、もしも吐き気などの副作用が出た場合にはすぐに服用をストップするようにしましょう。また、もしも服用が心配な場合には、かかりつけの産婦人科の医師に本当に服用しても問題ないのかを確認してから服用するようにしましょう。

 

>>プレママーレの詳細はこちら